【好意を獲得する方法 5選】営業マンの好意の見分け方

営業 好意 見分け方 ビジネス書

スポンサーリンク

Pocket

恋する乙女

あの営業さん、私に好意を持ってるのかしら

気づいたらあの人のことを考えてる・・・

営業の人が本当に好意を持ってるのか、ただのセールストークなのかモヤモヤしたことはありませんか?

本記事ではそんな悩みを解決します。

営業マンは心理的なテクニックを駆使してお客さんにアプローチしてきます。なので、そのテクニックさえ知っていれば「本当の好意なのか」「ただのセールストークなのか」見分けることができるかと。

本記事の内容

  • 営業マンはなぜ好意を得るテクニックを使うのか
  • 営業マンが好意を得るために使う5つのテクニック

メンタリストDaiGoさんの愛読書「影響力の武器」を参考に解説していきます。

関連記事>>>リバウンドしないダイエット方法【ついに科学的な結論がでた】

好意を獲得する方法

好意 獲得 方法

営業マンはなぜ好意を得るテクニックを使うのか?

それは、好意を感じている人からなにか頼まれるとほとんどの場合、断りづらくなるから。

つまり営業マンが提案してくる商品やサービスを購入するかどうかは、あなたが営業マンにどれだけ好意を持っているかが大きな影響を与えています。

では営業マンは、具体的にどんなテクニックを使ってるのでしょうか?

好意を獲得する5つの具体的方法

好意を獲得するには5つの方法があります。

  1. 外見の魅力
  2. 類似性
  3. 称賛
  4. 親密性
  5. 連合の原理

詳しく見ていきましょう。

① 外見の魅力

外見の魅力

外見の魅力はハロー効果を生み出します。

ハロー効果とは、ある人が持っている特徴が、その人に対する見方に大きく影響を与えること

外見が良いだけで、人はその人が「才能」「親切心」「誠実さ」といった望ましい特徴を持ってると無意識に考えてしまう傾向があります。

実際に、外見の良い人は就職に有利で、高い給料を得やすい傾向が。

男の詐欺師がハンサムで女の詐欺師が美人であることにもちゃんと意味があるんですね。

とはいえ、ほとんどの人は平均的な外見をしていますので、外見の魅力以外にも好意を生み出す要因はあります。

② 類似性

類似性

いくつかある要因の中でも影響力があるのが「類似性」。

私たちは自分に似ている人を好みます。意見」「パーソナリティ」「経歴」「ライフスタイル」など、自分と似ている部分があると好意を感じやすいですよね。

たとえば、ミラーリング効果はこの類似性を利用したテクニック。

ミラーリング効果とは相手の姿勢やしぐさ、話し方を鏡に映したように真似ること

それ以外にも服装、趣味、出身地などの共通性が、相手に好意を与えることがはっきりと示されています。

つまり営業マンはあなたと似ている部分を示すことによって、好意を得ようとしてるかもしれません。

またその営業マンが褒め上手だったら少し注意が必要。

③ 称賛

称賛

私たちは他者からの称賛を信じ、それを与えてくれる人を好む傾向があります。たとえ、その称賛が真実でないとしても。

アメリカはノースカロライナの研究グループが行った実験では、私たちがいかに称賛に弱いかを明らかにしています。

実験に参加した男性たちは、他人から自分についての評価を受けました。

  • A:望ましい評価だけを受ける
  • B:望ましくない評価だけを受ける
  • C:望ましい評価、望ましくない評価入り混じった評価を受ける

実験に参加した男性から最も好まれたのはどれでしょうか?

それはAの称賛だけを与えた人。分かりやすいですね。

つまり称賛が真実であれ偽りであれ、お世辞を言われると人は無意識に好意を感じてしまうということ。

ちなみに、営業マンが「マメに連絡をくれる」「週になんども顔を出してくれる」。だから私に気があるのかも?という場合も注意が必要。

④ 親密性

親密性

私たちはよく知っているものに対して好意を感じます。

私たちはほとんど意識していませんが、ある対象に対する親近感は過去にその対象を何回くらい見聞きしたかによって影響を受けます。

たとえば、選挙で投票者がどの候補者を選ぶかは「ただその名前をよく見聞きしているから」という理由が多いことも事実。

なのであなたにマメに連絡をしてくるのも、この親密性を高めるためのテクニックかもしれません。

⑤ 連合の原理 ~政治家と芸能人~

結びつき

最後に紹介するのは「連合の原理」。あまり聞きなれない言葉ですが、簡単に言うと「結びつき」のこと。

悪い出来事でも良い出来事でも、それと結び付けられることがどのような感情を抱くかに影響を与えています。

たとえば私たちは不快な情報をもたらす人を嫌う傾向があります。たとえ、その人が悪い知らせの原因ではないとしても。

このように「不快な情報」と「それをもたらす人」を結び付けてしまうことを「連合の原理」と呼びます。

政治家と芸能人

政治家も有名人と繋がることで好意を得ています。

以前問題になった桜を見る会(1952年から開催)は正にこの連合の原理を利用したもの。

各界の功労者や芸能人、アイドルと桜を見て、お酒を飲み、茶菓を振る舞う。

総理大臣は芸能人から(返報性の原理で)好意を獲得し、それを見ている私たちから(連合の原理で好意を獲得して)票も獲得する。

ちなみに桜を見る会の費用は税金でまかなわれてたので、私たちが総理大臣のスポンサーでもあったのです。

まとめ

まとめ

好意とは

  • 自分が好意を感じている人からなにか頼まれると断りづらくなる心理。

好意を獲得する5つのテクニック

  1. 外見の魅力
  2. 類似性
  3. 称賛
  4. 親密性
  5. 連合の原理

もし気になる営業マンがいる場合、もしかしたら営業テクニックによって無意識に好意が高まってることが原因かもしれません。もちろん本気であなたに好意を抱いている可能性もあります。

婚活パーティに不動産業者も潜んでいる時代なので、十分注意したいですね。

▽参考書籍▽

 

というわけで今回は以上となります。ともに学んでいきましょうっ!

 

リバウンドしないダイエット方法【ついに科学的な結論がでた】

 

関連記事>>>本当にダイエットにいい食べ物【科学的に証明されてる5つを紹介】

本当にダイエットにいい食べ物【科学的に証明されてる5つを紹介】

 

 

 

スポンサーリンク