家を売るときの手数料はいくら?【仲介手数料は安くなるのか】

家を売るときの手数料 不動産

スポンサーリンク

Pocket

家を売りたい人

家を売るときに手数料っていくらかかるんだろう…

仲介手数料の他に何があるの?

安くできるのかな…

こういった疑問に答えます。

家の売却額だけでなく、「手取りでいくら残るのか」を把握しないと、後々お金が足りなくなって焦ることに・・・。

今回は、家を売るときに発生する手数料とその相場、仲介手数料は安くなるのか?の解説です。

手数料の合計を一覧にまとめて「3,000万円で家が売れたら、手数料の合計はこれくらい」とすぐに分かる表も用意しました。

では、さっそく見ていきましょう~。

本記事の内容

  • 不動産売却にかかる手数料と相場
  • 仲介手数料、ここだけの話

家を売るときに発生する手数料と相場

家を売るときの手数料と相場
  • 印紙税
  • 仲介手数料
  • 抵当権抹消登記費用
  • 住宅ローン一括返済手数料

家を売る時にかかる手数料は上記の通り。

それぞれの相場などを詳しく見ていきましょう。

印紙税

印紙税 家 売る引用元:国税庁

売主と買主が交わす売買契約書には印紙を貼ります。印紙税額は、家を売る時の売買価格で決まります

1,000万円~5,000万円の家を売却した場合の印紙税は1万円。

仲介手数料

家を売るときの仲介手数料

売買価格に対する仲介手数料の上限は上記の通り。

買主が見つかり売買契約が成立した時に、仲介を依頼した不動産会社に仲介手数料を支払います

✔仲介手数料の計算の仕方

売買価格×3 % + 6 万円+消費税

法律でこれが上限として決められてます。

抵当権抹消登記

抵当権抹消登記費用 家 売る
引用元:日本司法書士会連合会

住宅ローンの残債がある場合は、住宅ローンを完済して抵当権を抹消しないと、家を売ることができません

抵当権抹消手続きを、司法書士に依頼したときの手数料は上記の通り。

地方によって金額は異なりますが、日本司法書士連合会のアンケートによると1万5千円前後が平均値。

タイミングとしては、決済日(引き渡し日)に住宅ローンを完済すると銀行から抵当権抹消登記に必要な書類が渡されるので、司法書士に抵当権抹消手続きをしてもらいます。

住宅ローン一括返済手数料

繰り上げ返済の手数料 家 売る

家を売る時は、今の住宅ローンを一括で返済する必要があります

その時にかかるのが繰り上げ返済の手数料。

金融機関によりますが、1万円~3万円前後。

手数料の合計はいくら?

家を売る 手数料の合計

売買価格ごとの、おおよその手数料の合計をまとめてみました。

売買価格から手数料の合計を引いた金額が、手元に残るお金です。

  • 3,000万円で家を売却した場合:3,000万円-111万4千円=2,886万円
  • 5,000万円で家を売却した場合:5,000万円-177万4千円=4,822万6千円

 

家を売りたい人

ほぼ仲介手数料なのね??

仲介手数料を掘り下げて見てみましょう。

仲介手数料、ここだけの話

家を売るときの仲介手数料

仲介手数料は法律によって上限額が決められてます

なので、上限額を超える仲介手数料を不動産会社が受け取った場合は法令違反。

家を売りたい人

広告費用や現地案内の費用を請求されたんだけど・・・

これも法令違反。

通常の仲介業務で発生する費用は、売主に請求はできません。

一般的な「広告費用」や「購入希望者の現地案内」にかかわる費用は、仲介手数料に含まれます。

✔こんな業者には要注意

  • 上限額を超える手数料条件を提示する
  • 仲介手数料以外に発生する広告費等を当然に請求する

とはいえ、どう見分けたらいいか分からないですよね。

厳選された不動産会社と提携している一括査定サイトを家を高く売るなら一括査定がおすすめ【その理由とおすすめ3サイト】にまとめてまして、完全無料なので試しに利用するのも良いと思います。

仲介手数料を支払うタイミング

成果報酬なので、売買契約が成立したときに仲介手数料の請求権が発生します。

したがって売買契約が成立するまでは、不動産会社に仲介手数料を支払う必要はありません

✔一般的に望ましいとされてるタイミング

  • 契約締結時に仲介手数料の50%を支払い
  • 引き渡し完了時に残りの50%を支払う

仲介手数料は安くなる?


 

法令で定められているのは、あくまでも上限額。つまりそれ以下でもOKということ。

家を売りたい人

安くしてくれるの??

こんな話があるので紹介します。

永瀬という大学に通う青年がいました。両親と仲良く暮らす平和な日常。

しかしある日突然、父親が連帯保証人になっていた友人の会社が倒産。

借金の返済のために永瀬と両親が暮らす実家は差し押さえされることに。両親は放心状態。

このままでは自宅は競売にかけられ、残された道は自己破産。永瀬は必死になって任意で売却してくれる不動産会社を探し回りました。

ようやく不動産会社が見つかり売却をお願いをしようとしたら、そこは有名な悪徳業者・・・。

騙される直前でそれを教えてくれたのは、背丈は小さいが威厳を感じさせるおじさん。

話を聞くと近所の小さな不動産会社の社長とのこと。

その社長に売却をお願いすると、すぐに買手を見つけてくれて、永瀬の両親は残債を完済することができました。

それだけでなく、その社長は引っ越し資金と生活準備金として80万円を渡してくれました

家を売りたい人

社長のポケットマネー?

いえいえ、違います。

そのお金は自社の仲介手数料を1%に減らして捻出したお金でした。

家を売るときに発生する手数料と相場:まとめ

  • 印紙税
  • 仲介手数料
  • 抵当権抹消登記費用
  • 住宅ローン一括返済手数料
家を売る 手数料の合計

 

最後に紹介したのは、正直不動産の第6巻「任意売却」で語られる、登坂不動産の社長の話し。

仲介手数料は、「不動産会社が苦労して買主を見つけたことに対する報酬」なので、容易に値引きを要求するのは良くないかもしれません。

ただ漫画だけの話かもしれませんが、困っている売主を助けたい思いで仲介手数料を値引いてくれる、そんな正直な不動産会社と出会えたら幸せですね。

というわけで今回は以上となります。ともに学んでいきましょうっ!

 

人気記事>>>不動産売却の流れ【初めてでも家を高く売りたい方へ】

人気記事>>>家を高く売るなら一括査定がおすすめ【その理由とおすすめ3サイト】

 

 

 

スポンサーリンク