【2020年度版】これが家を売るベストなタイミング【最新データを紹介】

家を売るタイミング 不動産

スポンサーリンク

Pocket

家を売りたい人

家って古くなると売れないのかな・・・

家が高く売れるタイミングってあるの?

家を売ったことないから失敗したくない

こういった疑問に答えます。

家は売りやすいタイミングがあるので、売るタイミングを間違えるとマイホームが1,000万円以上も安くなることがあります。

今回は、家を売るベストな時期や築年数についての解説。

最新のデータを紹介しますので、適切なタイミングを把握して不動産売却を成功させましょう。

本記事の内容

  • 家を売るタイミング
  • 古くても売れる家の条件
  • 税金面で有利な築年数は?
  • 失敗しないために大事な1つのこと

家を売るベストなタイミングを最新データで示します

不動産売却の流れ 成約件数
引用元:公益財団法人東日本不動産流通機構, 季報 Market Watch サマリーレポート 2020年1~3月期, 首都圏地域別の中古マンション成約件数

不動産には取引が多くなる時期がありまして、1年のうちで最も成約数の多い月が1月~3月。

というのも、この時期は就職、転勤、子どもの学校などで4月に引っ越す人が多くなるから。

価格もこの時期が一番高くなります。

何月が一番高く売れる?

家を売るタイミング 月別成約価格

引用元:公益財団法人不動産流通推進センター 2020不動産業統計集 

売却価格は2月と3月が高くなってます。

7月~9月は売買件数が少ない=「買手が見つかりにくい」時期。さらに、8月と3月の価格を比較すると、その差は1,533万円。

つまり家を売るベストなタイミングは、「短期間で買手が見つかりやすく」、「売却価格も高くなる」2月~3月。

次に築年数を見てみましょう。

人気のある築年数は?

家を売るタイミング 構成比率

引用元:公益財団法人 東日本不動産流通機構 築年数から見た首都圏の不動産流通市場(2019年)

築年数は20年以下の物件が人気

というのも築20年以下の「成約物件の構成比率」が「新規登録物件の構成比率」を上回ってるから。

簡単にいうと、「売れた物件の数が、売りに出された物件よりも多い」ということ。

つまり、築20年以下の物件は需要が高いと言えます。

上記の表は中古マンションですが戸建ても同じ傾向。

高く売れる築年数は?

家を売るタイミング 平均価格

引用元:公益財団法人 東日本不動産流通機構 築年数から見た首都圏の不動産流通市場(2019年)

価格を見ると築20年までは緩やかに下がりますが、築20年を過ぎると、価格の下落が少し急になっています。マンションが特に顕著ですね。

つまり家を売るベストな築年数は、「需要が高く」、「価格が急落する前の築20年以下」。

家を売りたい人

我が家は築20年以上なんやけど。もう手遅れなのかしら・・・

古すぎると売れない?

家を売るタイミング 構成比率

安心してください。上記は先ほどの構成比率を折れ線グラフにしたもの。

成約件数が最も多いのは、築31年以降。つまり、古いから売れないことはありません。

さらに良いニュースとして、価格が落ちづらい物件もあります。

資産価値が落ちづらい家の条件

✔資産価値が高い

  • 人気路線、人気駅
  • 駅近(徒歩5分以内)
  • 雰囲気のよい庭園が近くにある

✔安全性が高い

  • 高台に建つ
  • 江戸時代に大名などが住んでいたエリア
  • 国立大学や有名私立大学、その付属校がある

✔利用価値が高い

  • 角部屋
  • 最上階
  • 南向きで陽当たりが良い

資産価値、安全性、利用価値が高い物件は価格が落ちづらい傾向。

災害が起きた時にも「命」や「資産」を守れる、「住み心地」や「利便性」などが良い物件は人気があります。

具体的には上記の通り。あてはまる条件が多い物件は築20年以上でも価格は落ちづらくなります。

関連記事>>>失敗せずに家を買うコツ【資産価値が落ちない家の条件 9 選】

失敗せずに家を買うコツ【資産価値が落ちない家の条件 9 選】

税金面で有利な築年数

家を売りたい人

売るなら5年を超えてからが良いって聞いたけど、本当??

確かに税率は、5年以下と5年超で変わります。

しかし、マイホームを売ったときは、所有期間の長短に関係なく売却益から最高3,000万円まで控除ができる特例があります(3,000万円の特別控除)。

3,000万円の売却益が出ることはあまりないと思うので、5年という期間は気にしなくても良いかと。

関連記事>>>家を売る時にかかる税金と節税する方法【税金が戻ってくる裏技も紹介】

家を売る時にかかる税金と節税する方法【税金が戻ってくる裏技も紹介】

相続した家の場合

相続した家を売るときにも、条件を満たせば3,000万円の特別控除が使えます。

タイミングとしては、相続した日から3年目の12月31日までに売ること。

主な条件は次の通り。

  • 売却代金が1億円以下
  • 昭和56年5月31日以前に建築されたこと
  • 相続する直前まで親が一人暮らしをしていたこと
  • 相続のした日から3年目の12月31日までに売ること。
  • 平成28年4月1日から令和5年12月31日までの間に売ったこと

など

マイホームと違い、相続した家を売る時はあまり特例がないので、税負担が重くなるケースもあります。

関連記事>>>【知らないと税負担爆増!】相続した家を売る時の税金と節税対策

【知らないと税負担爆増!】相続した家を売る時の税金と節税対策

失敗しないために大事な1つのこと

家を売るタイミング 失敗しないために

それは急いで売らないこと。

不動産売却の流れは次の通りでして、売却を検討してから引き渡しまで約6か月前後。

  • 売却の検討
  • 売却価格の決定
  • 売却活動の開始
  • 売買契約と引き渡し
  • 確定申告

事情によっては早く売却する必要があるかもしれません。

しかし急いで家を売ろうとすると、「価格を下げないと、買いたい人がすぐに見つからない」ことが多いのが現実。

例えば3,000万円が相場の不動産でも、売主が売却を急いでることを買主が知れば、「2,300万円ならすぐ買いますよ」、と言われて容易に値引きに応じてしまう可能性も。

「売却まで時間が無い方は買取を検討しましょう」とよく見かけますが、不動産会社による買取がまさにこれ。足元を見られて安く買い叩かれてしまいます。

「急いで売る=安く売る」となりがちなので、できる限り余裕を持てるように調整したいですね。

これが家を売るベストなタイミング:まとめ

まとめ

まとめると、築20年以下の物件を2~3月に売却するのが一番ベストなタイミング。

とはいえ、取引件数が一番多いのは築31年~の物件なので、古いから売れない訳ではありません。

資産価値が落ちづらい条件の家なら、古くても高く売れる可能性はあります。

不動産会社に査定を依頼して、いくらでマイホームが売れるか確認してみましょう。

 

なお、家を高く売るには4~5社の不動産会社に査定を依頼して、価格を比較すると良いと思います。

一括査定サイトなら、スマホがあれば1分程度で4~5社の不動産会社に査定を依頼できます。

完全無料なので、使わない理由はないかと。

というわけで今回は以上となります。ともに学んでいきましょうっ!

 

人気記事>>>不動産売却の流れ【初めてでも家を高く売りたい方へ】

人気記事>>>家を高く売るなら一括査定がおすすめ【その理由とおすすめ3サイト】

 

 

スポンサーリンク