新築の家を高く売る方法【マンションは購入後〇年で価値が急落】

新築の家を高く売る方法 不動産

スポンサーリンク

Pocket

家を売りたい人

新築なら高く売れるかな?

次の生活を考えるとできるだけ高く売りたい…

こういった疑問に答えます。

「新築だから高く売れるだろう」と思って売却を依頼すると、マイホームの査定額に愕然とするかもしれません。

今回は新築の家を高く売るポイントから、売る前に知っておきたいポイントを解説。

資産価値が落ちづらい家の条件も紹介しますので、ぜひご覧ください。

本記事の内容

  • 家は古くなるほど資産価値が下がる
  • 新築の家を高く売るポイント
  • 資産価値が落ちない条件

私は3年前に中古マンションを購入。

その時に優先したことは、将来の資産価値や賃貸に出したらいくらで貸せるのか。

このリセールバリューを優先した結果、今マンションを売却しても当時と同じくらいの査定額です。

家は古くなるほど資産価値が下がる

新築の家を売る時の築年数と資産価値引用元:国土交通省, 中古住宅流通、リフォーム市場の現状

築年数と不動産の資産価値は上記の通り。まとめると、

木造戸建の資産価値

  • 築10年で半分
  • 築15年を過ぎるとゆるやか
  • 築20年を過ぎると横ばいで推移

マンションの資産価値

  • 1年で価値が急落
  • 価値が減少するペースはゆるやか
  • 築10年でも70~80%程度の価値を維持

つまり、マンションも戸建ても古くなるほど資産価値が下落。

特に、マンションは1年で資産価値が10%も減少してます。

そのため、都市部の人気エリアを除けば、新築の家を購入した時よりも高く売るのは難しいのが現実。

新築の定義

「新築住宅」とは、新たに建設された住宅で、まだ人の居住の用に供したことのないもの(建設工事の完了の日から起算して一年を経過したものを除く。)をいう。

引用元:住宅の品質確保の促進等に関する法律

つまり、建築後1年未満で、誰も住んだことがないこと。

1年未満でも1度住むと新築ではなくなるので、売るときには中古物件となります。

とはいえ、立地にもよりますが、築浅なので必要以上に値下げする必要はないかと

まずは周辺で築年数が近い物件がいくらで売りに出てるか、相場を確認するのがポイント。

関連記事>>>家を売る前に相場をサクッと調べる方法【高く売るコツも解説】

新築の家を売る前に

新築の家を売る前に
重要

マイホームの売却価格>住宅ローンの残債

になりますか?

つまり、家を売っても残りの住宅ローンが完済できないと、預貯金で一括返済をする必要があります

なので先ずは返済予定表(償還表)でローンの残債を確認しつつ、マイホームの相場を調べることからスタート。

家を売る時にも、登記費用や仲介手数料など諸費用がかかるので、住宅ローンの残債と合わせて確認しておくとよいかと。
関連記事>>>ローンが残ってる家を売る方法【メンタル的に売るタイミングが重要です】

また購入時よりも高く売れる場合は、税金がかかります。

ただ特別控除を適用すれば3,000万円の利益まで税金はかからないので、あまり心配する必要はないですね。
関連記事>>>家を売る時にかかる税金と節税する方法【税金が戻ってくる裏技も紹介】

新築の家を高く売るポイント

  • 急いで売らない
  • 専属専任契約を選ばない
  • 複数の不動産会社に査定依頼する

新築の家を高く売るポイントは上記の通り。

急いで売らないためには「今の家を売る前に次の家を買う」など、価格を下げてでも早く売りたい状況を作らないことが大切です。

また物件の囲い込みを防ぐためにも、不動産会社とは専属専任契約や専任媒介契約ではなく、一般媒介契約を選びましょう

「囲い込みで売主が損をする」不動産取引の実態についてはあなたの家を高く売る方法【先ずはこの3つを押さえよう】にて解説しています。

複数の不動産会社に査定依頼する

家を売りたい人

何社かの不動産屋さんを天秤にかけるのは失礼かな…

初めての不動産売却は不安があると思います。ただ不動産屋に忖度(そんたく)は不要。

国が国有地を売却する時も、何社からも買い手を募集して入札を行います。

つまり、高く売るためには複数社に依頼をすることがポイント。

とはいえ、5社の不動産屋に足を運んだ場合、1社に1時間かかるとしても合計5時間。時間も電車代もかかるので大変ですよね。

一番便利なのは一括査定サイト。60秒で最大5社に査定依頼が可能。しかも無料なので使わない手はないかと。
関連記事>>>家を高く売るなら一括査定がおすすめ【その理由とおすすめ3サイト】

新築の家を売る理由を伝える

買い手が納得して購入することが大切です。

買い手の立場で考えると「なんで新築の家が売りに出てるんだろう?」と思いますよね。

急な転勤や経済的な事情、親の介護など事情は様々。

しかし住宅の欠陥や心理的瑕疵を意図的に隠した場合は、損害賠償を請求されたり契約解除になる可能性も。

売る理由をしっかり伝えて、購入を検討してもらいましょう。

新築の家を売ったあと

マイホームの相場を調べてみたら

家を売りたい奥さん

思ってたより価格が安いんですけど…

そんな方もいるかと。

不動産の価値は、築年数、駅からの距離、立地、物件の間取りや広さなど、さまざまな要素を総合的に判断して決まります。

もし次のマイホームを買う際は、資産価値が落ちづらい家を購入したいですよね。

資産価値が落ちづらい条件を9個にまとめたので、興味のある方はぜひご覧ください。
>>>失敗せずに家を買うコツ【資産価値が落ちない家の条件 9 選】

新築の家を高く売る方法:まとめ

まとめ

新築のマンションは1年で資産価値が急落しますが、周辺相場を確認して売却価格を決めるようにしましょう。

人気エリアや立地によっては高く売れる可能性もあるかと。

新築の家を売るポイントは、まとめると6つ。

  • 売却理由
  • 相場を確認
  • 急いで売らない
  • 専属専任契約を選ばない
  • 複数の不動産会社に査定依頼する
  • マイホームの売却価格>住宅ローンの残債になるか

というわけで今回は以上となります。参考になりましたら幸いです。

人気記事>>>不動産売却の流れ【初めてでも家を高く売りたい方へ】

人気記事>>>家を高く売るなら一括査定がおすすめ【その理由とおすすめ3サイト】

 

 

スポンサーリンク